ボサノバレコードダイアリー

ラウンジDJを目指す、遅咲きのレコードコレクト日記

mixcloudへアップしました!

令和初日何か記念になることをしたいと思い、幸いG/Wは自分の時間をたくさん持てたので、日頃蓄えたレコード達で自分ミックス作ることに。遠い昔の即興ミックススキルは現在持ち合わせてないため、曲順を予め決めとく。60年代のボサノバは曲時間が短く、油断してるとすぐに終わってしまうため、事前の予習でかなり気持ちに余裕持てます。

 

レコーディングは、以前アップした「irig HD 」というオーディオインターフェースをミキサーに接続し、DJM-RECアプリを使って、レコードミックスをiPhoneに直接録音。DJM-RECのスゴイところは、自分が作った90分のミックスを、録音後に曲の変わり目を手動で指定できること。サクッと曲の先頭に記しを付け、アーティスト名と曲名を手入力。そのまま、ミックスクラウドへアップロードできました^_^早速ミックスクラウドで聴いてみると、アーティストと曲名が次々に表示されてるではないか〜!感動、かなりスゴイです。

 

↓ボサノバレコードダイアリー、初ミックスはこちらです。

https://m.mixcloud.com/hirototakao3/ogikubossam4a/

 

f:id:ogikubossa:20190502080308p:image

 

f:id:ogikubossa:20190502080544j:image

 

 

 

 

 

 

ナラレオン ヴェントデマイオ

ブラジルのボサノバミューズ、ナラレオンの67年作。ジャケは本人そっくりの美しい横顔のイラスト。版質Cで激安価格ながらも、ジャケの可愛さに、部屋に飾りとしてゲットしました。音は全体的にバチバチで音飛びするけど、曲によっては何とか聴けました。その中でも良かったのがA5 マリアジョアナ。クールな装いがら可愛いさが溢れ出ています。妄想ですが笑

 

f:id:ogikubossa:20190429102025j:image

 

 

f:id:ogikubossa:20190429102034j:image

 

 

 

 

luiz bonfa bossa nova

ブラジルのギタリスト、ルイスボンファがパリで録音したアルバム。写真のジャケットはフランス版。アメリカ版との違いは、ギターのコード。押さえるの難しそうですね。

ボッサなリズムにボンファのギターがかなり暴れます笑。日曜日の朝、コーヒー飲みながら聴きたい最高の一枚です。

 

f:id:ogikubossa:20190429095610j:image

 

f:id:ogikubossa:20190429095634j:image

 

 

 

 

rio 65 trio

ブラジルジャズサンバの大名盤、最高傑作の一つ。ジャケットが輝きを放ってます。ドラムはエジソンマチャード、ピアノはドンサルバドール、ベースはセルジオバローゾ。スタンダードな名曲をピアノがアドリブ絡ませながら、ドラムとベースと息を合わせる演奏。聴くものを最高潮に持っていきます!mau,mau大好きです。

 

f:id:ogikubossa:20190429094315j:image

 

f:id:ogikubossa:20190429094322j:image

 

 

carlos lyra mexico !

ブラジルのギタリスト兼シンガーソングライター、カルロスリラの68年メキシコ録音作。当時はブラジル軍事政権により民主化の活動が制限される中で、やりたいことを求めて亡命先のメキシコで録音。過去の自作の名曲を新しいバージョンでボッサに歌い上げています。b1ロボボボとかいいですね。

 

f:id:ogikubossa:20190429100847j:image

 

 

f:id:ogikubossa:20190429100858j:image

 

 

trio 3d / O Trio 3-D Convida

アントニオアドロフ率いるピアノトリオ、TRIO-3Dのセカンドアルバム、1965年リリース。若干18才でしょうか、この年齢から活躍できるあたり、スゴイの一言。

 

そしてこのジャケ。白を基調として真ん中に立つ三人は高貴な騎士イメージでしょうか。私のは元の持ち主に色塗りされてて残念だけど、しょうがない。

 

A面はピアノトリオでの演奏、B面はラウルジーニョやメイレーリスといった豪華メンバーとのセッション。

 

B面1はジョビンとヴィニシウスの曲です。エリスやアストラッドのボッサバラードのイメージを良い意味で覆す、パワフルなホーンがうなります。実際に、カバーとは気づきませんでした^_^

 

B4はジャズの名曲、バイバイブラックバード。ラウルジーニョさん?の321行くよ、みたいな掛け声の後に軽快にはじまります。ピアノにトロンボーンで良い曲ですね^_^

 

B5はo passarinhoも良い。

B6のピーターサンバも良い。

 

 

 

 

 

f:id:ogikubossa:20190123085521j:image

 

f:id:ogikubossa:20190123085532j:image