ボサノバレコードダイアリー

ラウンジDJを目指す、遅咲きのレコードコレクト日記

O Fino da bossa

サンパウロパナマウントシアターで1964年に開催された、RGEアーティストのライブ音源になります。ロジーニャ、ワンダサー、アライデコスタ、ジンボトリオ、パウリーニョノゲイラ、ナラレオン 、オスカーカストロネヴィス、アナルシア、ジョルジベンと大御所たちが演奏しています。

 

お気に入りはパウリーニョさんのメドレーとアナルシア。パウリーニョさんは、以前紹介したグルグル巻きジャケのアルバムから、ギターインストメドレーを演奏してます。メドレー最後のボッサナプライアでは、リズム隊のテンポが一瞬だけ早くなります。それでもギターのリズムを合わせて、そこから徐々にテンポを落として行くところが、スキルの高さを伺えます。ライブっぽくて好きです。

アナルシアさんのTem Doのライブもジャズサンバな演奏で素敵です。原曲はアルバム canta tristeに収録。原曲よりもライブ盤の方がノリが良くて好きです。

 

f:id:ogikubossa:20180925190132j:image

 

f:id:ogikubossa:20180925190139j:image

 

 

 

 

エレンコのレコード内袋

下北沢のELLA Recordsさんにて。

シルビアテレスさんのレコードを試聴したところ、レコードの内袋を見つけてビックリ!エレンコ の大きなマークがあるではないですか!エレンコと言えば、ボサノバを語る上で欠かせないレーベル。中でも白黒赤を基調としたレトロなジャケットが有名。私も大好きです。

そんなエレンコの内袋の存在は見たことも聞いたこともなかったし、この先巡り逢えるか分からなかったので、初めは買わなかったものの、忘れられずに一ヶ月後に購入。残ってて良かった、家宝として、大事に飾りたいと思います笑。ある情報筋の方に伺ったところ、初期の作品にはついていたとか。但しレコ屋での外見だけだと分からないですし、実際付いてない方が多そうなので、見つけたらラッキーアイテムかも知れないですね^ - ^

 

 

 

f:id:ogikubossa:20180925190301j:image

 

f:id:ogikubossa:20180925190243j:image

 

f:id:ogikubossa:20180925190314j:image

 

 

 

 

 

 

 

Vinicius + Bethania + Toquinho / la Fuga

ヴィニシス 、マリアベターニア、トッキーニョの三人が、アルゼンチンの音楽カフェ、ラフーガで1970年に演奏したライブがあまりにも好評だったので、スタジオ録音したのがこのレコードだそうです。

 

三人の掛け合いが随所にあらわれるステキなレコードです。中でも好きなのはこの二曲。

 

ア トンガ

ヴィニシスとトッキーニョの談笑からはじまり、軽快なリズムの演奏をバックに歌が入ります。サンバでもボサノバでもなさそうな、この曲のリズムがとても新鮮。

 

テスタメント 遺言

ヴィニシス とトッキーニョの曲で、元々は歌入りなのですが、このアルバムではトッキーニョのギターインスト。哀愁サンバですね。メロディをしめやかに、だけどリズミカルに演奏しています。

 

f:id:ogikubossa:20180902201238j:image 

 

f:id:ogikubossa:20180902201245j:image

 

 

 

Lygia / リジア

ジャケット購入した一枚。

若い女性が大人びた表情で、下を向いて少しだけ微笑んでおり、背景色は澄みわたる真っ白。商品棚の中で一際輝きを放っており、思わず手に取りました。

 

リジアの存在を存じ上げませんでしたが、新しい運命の出逢いの予感を感じながら、試聴へ。想像以上の綺麗で大人びた声。舌を巻いたようの発音のアクセントも新鮮。バックの素晴らしいジャズサンバな演奏。我が家に又大事な家宝が加わりました^ - ^

 

 

f:id:ogikubossa:20180901131438j:image

 

 

f:id:ogikubossa:20180901131444j:image

 

 

f:id:ogikubossa:20180901131505j:imagef:id:ogikubossa:20180901131511j:image

 

 

 

sylvio cesar / Só Tinha De Ser...Com Sylvio Cezar

 

シルビオさんじゃないといけなかったの...

直訳するとこんなイメージでしょうか。

タイトルに相応しいクールな歌声に仕上がってます。ジャケもカッコ良いですね。同年代のwilson miranda 、wilson simonal、pery ribeiro のジャズサンバな男性歌手と似てますね。

 

Samba Do Carioca ノリノリのジャズサンバ。昔blue brazilのコンピアルバムで聴いた時、ボサノバ以外でこんなにカッコ良い曲があるんだと、衝撃が走りました。

 

Só Tinha De Ser Com Voce あなたじゃないといけなかったの。jobim の曲のカバーです。原曲に比べてジャズボッサに仕上がってます。

 

f:id:ogikubossa:20180829194240j:image

 

f:id:ogikubossa:20180829194247j:image

 

 

 

claudette soares / claudette soares

mar amar が好きで購入した一枚。

他にも gente や barquinho deferente 、a resposta など好きな曲が満載。そしてバックを務めるのが pedrinho mattar trio や jongo trio や manfredo fest trio などのトリオ名義でも名盤多しの豪華メンツ。

 

聞いたところによると、身長が小さかったそうですね。写真的には言われれば小さく見えますね。但し、曲の中での存在感はピカイチです、当たり前ですが。

 

見開きの綺麗なジャケです、我が家の家宝がまた一つ増えました。

 

f:id:ogikubossa:20180826210730j:image

 

f:id:ogikubossa:20180826210738j:image

 

 

f:id:ogikubossa:20180826210754j:image

 

f:id:ogikubossa:20180826210802j:image